忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165]
2014年12月7日(日)
DIR EN GREY「TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD」
inなら100年会館

+ + + + + + + + + +

またも間が空いてしまったので短いレポです。
国際フォーラム以外のホールで見たことが無かったので
どこか一か所ホールで見たいなーと思っておりまして、
祖父が奈良と兵庫の間に住んでいるので、関西方面へ行くときは
絶対祖父に会いにいくのです。なので選択肢は奈良しかなかった!
JR奈良駅からすぐの会場ですが、祖父は近鉄沿線なので近鉄から向かいました。
ちなみに開演まで何をしていたかというと寺社に行くことも無く
サンリオショップ行ったりしまむらでリズメロ探したり、メロ活です(笑)

今日は座席は上手側二階席の一番前!!とても!!見やすかったです!!
両隣とも一人参戦の方だったので、久々に自分から声かけてみました。
右側のメンズは私と同じく埼玉出身で初日の川崎以来で
全く同じ理由で(ホールで見たことが無いから)奈良へ来ておりました。
しかも珍しく(?)DieさんのファンのメンズだったのでDie話で盛り上がりました。
左側のお姉さんは関西人の薫さんファン。うん、もう、わかる…
二年前くらいから薫さんファンとなにかとご縁がありますな。
アルバム発売前の最後の公演ですね。セトリはお借りしてきました。
しかし試聴の段階でセトリ記憶しちゃうんだからすごいです…。

■SET LIST■
01.and Zero
02.Un deux
03.Sustain the untruth
04.LOTUS
05.Chain repulsion
06.禍夜想
07.輪郭
08.濤声
09.空谷の跫音
10.「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
11.鱗
12.OBSCURE
13.Cause of fickleness
14.激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

■EN■
01.逆上堪能ケロイドミルク
02.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
03.Spilled Milk
04.羅刹国
05.Revelation of mankind

だいぶレポ書くのに間が空いてしまったので服装忘れてしまいましたが
まあほぼアー写どおりです。
Dieさんは序盤はフード被っていましたかね。
Shinyaさんは白いシャツでアンコールがTシャツ改造で。

and Zero
川崎はもみくちゃすぎてよくわからんかったですがさすがに二階席。
薫さんがどーんと出てきて弾き始めたのも
Dieさんがそのうしろから激しく拳突き上げて出てきたのも
そそそそ~っとToshiyaさんとShinyaさんが出てきたのも
全部見えました。
思ったより音響は…よくないというか、好みではないかな。
あまりこうパーン!と抜ける感じがしなかった。

Un deux
さすがにもう認知度が違うこの曲~。
ほんとキャッチーでグルーヴも感じられますね。

Sustain
アルバムでは大文字表記じゃないことに今更気付きました。
川崎のレポはあとで直しておかねばなー。
今回は後半も京さんが歌ってたかな。

LOTUS
おお!これ演るんですか!(川崎の後のセトリ見てない)
またしても知人K(LOTUSが大好物)がいないときにやるのね…
と真っ先に思ってしまいました。
毎度この曲は「嵐が連れ去った」のToshiyaさんの出す連れ去った音を
気にして見たり聞いたりしておりまして、これまで見てきた記憶では
その音出すとき、ちょっとオーバーな身振りをして弾いてくれるのですが
今回は前後の演奏と変わりなく弾いていて、逆に驚きました。
何かあったのかな…と思っていたけどその理由はDIARYで明らかに。
Dieさんはスイッチが入ったようにかきむしってましたね。
いつまでそのテンションなんだろうと思ったけど終わるまでずっとでした♪

Chain repulsion
チェーン リパルションでいいのか?
これ好きだ!個人的にLIE BURIED WITH A VENGEANCEに近い、踊り曲♪
LOTUSのテンションのままDieさんが超ノリノリでした。楽しそう♪

禍夜想
「つらつら」と覚えます。
割と変態曲ですよね。慟哭と去りぬ並に好きになれるといいのだが。
背景お花はこれだっけ?(まるで覚えられない/二階席の意味も無い…)
序盤お花綺麗だけど段々腐っていってるよね?
川崎のレポと照らし合わせると、
川崎でDIR EN GREYらしいと思った曲はたぶんこれですね。

輪郭
「此処に居るこの俺は今何を歌う?」が一番胸に来た。
「此処」って歌い方がものすごく荒々しくて叫んでるみたいだった!
なんやかんやで輪郭大好きだな…。RED...[em]より好きかもしれん。
間奏のギターの見せ場は京さんは下がって後ろへ向いていました。
スタンドマイクになったからか、ジェスチャー多めで一味違いますね。
「写実家の様に~現実を描い出す」で指で空中なぞったり
「鬼さんこちら手の鳴る方へ」へ手叩いたり~ってのがありました。

濤声
空谷の跫音
今回は輪郭があまりにもかっこよすぎてこの二曲の印象が個人的に薄いっす。

DREAMBOX
最近DREAMBOXの「グッバイ」が合わないんです…
私のクソみたいなリズム感がさらにクソみたいになっているのかな…


OBSCURE
OBSCUREは薫さんが下手に出張していたかな。
ぶんぶん頭振ってるのが見えたのはこれだったか激しさ、~だったか。

Cause of fickleness
川崎で輪郭の前にやってたのはこれかなー。
盛り上がりたいところなんですけど京さんの歌が変幻自在すぎて
どんな発声してんだとついついガン見してしまいたく。。。
ウェミアー!は早くマイクこっちに向けてくれ~~と思いながら叫びました。
「まだ分かってへんやろ」という京さんの優しさということにしておく。

激しさと、~
Toshiyaさん最後若干控えめ~と思ったけど
その理由はやはりDIALYで明らかになっていますね。


アンコール。
ケロイドミルク
マゴッツ
スピルドミルク
まさかのダブルミルクですよ!!!!!
Spilled MilkはWithering to death.の中でも1,2を争うほど好きなのですが
ようやく!ようやく生で聴けました。
……ちょと音響割れ気味だったのでかなり混沌ミルクでしたが。
今のDIRならもうちょっとこう…クリアに聴きたいな~、なんて。
新木場あたりでやってくれないかな。

羅刹国
下手を煽りに行ってどこかにマイク落とした京さん。
あれ?おや?とふらふらしながら彷徨っていたのでしばらくボーカル無し。
でもしっかり客席の掛け声が合って気持ちよかった!!!
で、マイク見つけた京さんはコードをでりゃ!と引っ張ったので
マイクがステージ上をひゅんっっと飛ぶ様子も二階席からはばっちりでした。
やっぱりまだ右手は不調なのかなーと後々思いました。
(本番中は全然気にならなかったので…)

Revelation of mankind
すんませんあまり記憶がありません。

そして物投げもあまり記憶がありません(どう頑張っても飛んでこないからね)
インタビューで「アルバムは割とキャッチー」みたいなことを言ってるのが
なんとなくわかるな~って思えたLIVEでした。
とはいえやはり今日は輪郭の迫力がよかったな。
しかし演出をあまり見てないのでホールにいった意味とは…とも思いました。
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]