忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [108] [107] [106]
2012年04月15日(日)
東方神起「東方神起 LIVE TOUR 2012~TONE~」
in東京ドーム

+ + + + + + + + + +
DIRと違って毎回セットリストが同じだしMCの流れも大抵一緒なので、
今回は本編もMCも同じ記事で、特筆したい所だけを書いていきます。
大まかな流れは東京ドーム一日目の本編MCの記事を見てください。
今回の公演は特に、本編とMCを分けたくなかったのです。
流れが壊れないように、大事に書きたいと思います。

■SET LIST■
01.B.U.T(BE-AU-TY)
02.Superstar
03.I Think U Know
04.呪文-MIROTIC-
05.時ヲ止メテ
06.Thank you my girl
07.Introduction ~magenta~
08.MAXIMUM
09.Honey Funny Bunny
10.Before U Go
11.Duet
12.I Don’t Know
13.Telephone
14.シアワセ色の花
15.Back to Tomorrow
16.Rusty Nail
17.BREAK OUT!
18.ウィーアー!
19.Easy Mind
20.Summer Dream
21.High Time
22.Why? (Keep Your Head Down)

■EN■
01.Rising Sun
02.STILL
03.SHINE
04.Weep
05.Somebody To Love


ちなみに今日の席はバルコニー席でした。
たまアリ見切れ席(300lv)と同じ感じで快適空間でした♪
しかしチャミさん側なのでユノが遠いー。

BUT
今日のハイタッチは「運命のカードで」の「運命」ではなくて
「カード」のところでハイタッチでした。

Superstar
ユノの後半フェイクは今日もきつそうで、
昨日より掠れた声で、いい感じに色っぺー♪

I Think U Know
ユノユノの右足ダンッダンッは
昨日よりも腰が落ちてなかったせいか可愛らしかった。

MC1
今日の「ようこそ!」はユノだけでした。

ミロティク
ユノパート「止められない衝動に♪」のところで、
チャミさんは上半身屈めて肩を揺らしているじゃないすか。
そのときの足!!
MV同様両足をそろえているんだと思ってたんですけど
今日の席(斜め横)から見たら、片足を後ろに下げていました!
やだ、今までずっとそうだったんかな。気付かなかった!
というか、ようやくチャミさんを見る余裕が出てきた、というか。

時ヲ止メテ
今まで聴いた中では一番いい出来でした、チャミさんが。
覚えながら~♪は昨日の方が長かったと思います。
ここの手前までユノも結構音を伸ばしてるんですよね。

Thank you my girl
「君は僕のmedicine」でいつもユノが右腕を大きく広げて
下から上へゆっくり腕を上げていくんですけど、
今日はいつもほど、バッと腕を広げていませんでした。

まじぇんた
機材で上手側のユノの顔アップが見えない。

MAXIMUM
ユノのジャンピングがかっこよくて!!
あーこれ本当にLIVE映えする曲だわ。
映像化するときのカメラワークがクソだったら泣きます。
本日はユノの傘が終盤にひっくり返りました。
でもそのまま踊っていましたね。それを全然気にしていない風なユノは
本当にステージで死にたいんだろうな、と。
一つ取りこぼしてもまるで問題ないんですよね。
声が出なくてもステージに立ってさえいれば大丈夫っていう、
どこかの誰かさんを思い出せるほどの覚悟を感じました。

Honey Funny Bunny
今日も帽子投げなかったかな。記憶が混同してる。

Before U Go
骨盤ダンスのところ、ユノは韓国の音楽番組等では
手堅く、というかダンスっぽく踊ってる印象があって、
たまアリでも同じように思っていたんですけど、
……ここへきてなんか明らかに、狙っていらっしゃる!
だってさ!手堅く踊るとき、ユノは降りていく手と並行して
上半身→腰→下半身の順に体を回していくのに!
今回下半身だけグイングイン回して!色気!落ち着いて!
おかげで裸ジャケットからユノのお胸が見えないだろうかと
無粋な考えが頭に過ぎってしまいました。

Duet
座席に座っていた時から嫌な予感はしていたのだが
……機材で見えねえ。

I Don’t Know
「パズルみたい~」の密着度は横から見てみると
やっぱりものすごく密着していました。ふふ。

Telephone
音量が忙しかったんだけど、二人は大丈夫だったっぽい。

シアワセ色の花
あまりにも素敵だったので聴き入ってしまいました。
大サビのユノパート「どこまでもずっと変わらずにずっと」が
「永遠にずっと永遠にずっと」になっていました。
その前の「いつまでもずっと」と意味は変わらないけど、
今日のユノの気持ちが「永遠」という言葉を導きだしたのかな。
……っていうようなことを呟いたらついに100RT超えました。
結構嬉しいものですね。ありがとうございます!
終わったあと、目を閉じて浸っているユノと
優しい微笑を浮かべるチャミさん、美しいです。


MC2
待っててくれてありがとう(要約)っていうユノの素晴らしい話。
チ「やー。真面目な、素晴らしい話でしたね。
(「話が長い」ということを暗に言っております笑)
あの、ここには5万人以上のいるってことですけど、
声がちょっとお、小さい気がします。
どーですか皆さん!聞こえてますか!!」
客「わああああああ!!!」
チ「悪くないですね。良くもないです。」

またマイルドとワイルドの話。
チ「他には何か(ネタ)用意してますか?」
ユ「俺?無い(すっぱり)」
チ「wwwワイルドって、それだけ?」
ユ「うん、やってみたかっただけ」

なんだこのドライな会話はwww

チ「じゃあ新しいネタ(スギちゃん)をやったから、
アリーナツアーでやってたアレは要らないですね」
ユ「…アレね」
チ「ビバリと○○…じゃあそれは無しにして、本ステに戻りましょう」
客「えーーーーーーーー」
で、結局チャミさんがビバり、ユノもビバる。

そしてアリーナツアーを振り返る。
チ「うちの社長から、あまりビールのことを言うなと。
10代の人もいるからって。でも正直こっそり飲んでる人もいるかと…」
ユ「わかるけど~、でもダメだよ!」

真面目ユノさんかわいい。


Back to Tomorrow
……やっぱりこの曲だけが私の中で異質。
一番入り込み辛いくて、記憶に残らないんです。
あくびばっかり出ちゃうし…。
「あーまたがなってる」って思っちゃうし。
出来が悪いとかじゃなく、単純に好みの曲じゃないのかも。

Rusty Nail
ベースつんつんしてるチャミさん。
相変わらず謎の横ヘドバン。
今日もTMRごっこしていました。
あーなんかツイでギャランドウがどうのこうのって
ありましたが、私はチャミさんの顔しか見ていないので
そんなことはわかりませんでした。もったいない。

BREAK OUT!
ユノが片手を下げるとチャミさんの体も落ちていく振りのとこ、
なんかチャミさんて体固い印象あるんですけど
あの動き結構すごいですよね。ぐぬーって落ちていく。
膝で回転するところはユノはまあまず問題ないとして、
チャミさんもしっかり軸ブレせずに回転してるんすよ。
そこもすごいなあ。でもこの席(下手側)からだと
チャミさん(上手側)あまり見えないっていう。

ウィーアー!
トロッコで来てくれました。
ユノは本当に万遍なく見渡して手を振ってくれました。

Easy Mind
今日も最後の方はユノはチャミさんに歌任せっぱなしww
口笛も昨日よりもカッスカスでした。どーしたよ。
そして目見開いて「あるぇ?」顔。かわええ。

Summer Dream
初めて気づいたけど「動き出した~風に乗って~」ってとこ
チャミさんが手をくねくねさせて風を表現してるのね。
私ほんと、チャミさん見る余裕出てきてるね…笑

High Time
記憶ない。

Why?
喧嘩シーンの最後、チャミさんがユノを突き飛ばしますが
ユノが「来いや!」みたいに自ら突き飛ばされに来るのが面白い。


アンコール。
あり?昨日はツアーエンブレムが赤くなったけど
今回はなしですか?てかドラムの加勢が無いから
本当にコールが揃いませんね。情けないわー。


Rising Sun
昨日は忘れん坊将軍でしたが、今日はちゃんと覚えました。
そうです、始まる前に映像が入るんですね。
Why?のMVのチャミさんがいたような光の世界から
二人がダッシュして~なんだか色んな国にトリップして
最終的に宇宙を漂って(笑)宇宙の夜明け→Rising Sunって感じ。
チャミさんの「愛探すよ」直後のユノの回転移動が大好きです。
今日はちょいと回転終了位置が足りず、半歩移動してました。
この回転不足がまた!いいのよ!ぴったりのときは
それはそれでとんでもなくカッコイイし!オイシイ振付!


MC3
上手、下手、どちらに行くかというじゃんけん。
昨日はチャミさんのズルさに負けてしまったユノさん。
ユ・チ「最初はぐー!じゃんけんぽん!」
今回はズルも何もなく、チャミさんの勝利。
チ「アッハッハッハ!!」(スタスタと上手へ)
ユ「そしたら~僕こっち!」
昨日と同じ方向へ行かれました。


STILL
公式サプライズ企画として、赤ペンラから白サイへ。
とっても綺麗でした。
なっちの卒コンとかこんなんだったのかなーとか(笑)
どうでもいいこと考えていました。
ところで。トンペンってサイリウムって言葉を知らんのか?
周囲にいた誰も彼もが白ペンライトと言っていましてね、
サイって使うのは女ドルオタが多いのかしら。

SHINE
……正直言ってあまり好きな曲じゃないんですよね。
私はトンにしか歌えなさそうな曲ってのが好きなので
avexなら誰でも歌えそうな曲があまり好きでない。

Weep
lalalalalalalaではチャミさんが花道脇にいた
女性カメラマンさんを捕まえておりましたww
おかげさまでドアップチャミさん。イケメン。


で、終わりにはダンサーやバンドメンバーに拍手を促すわけですが
……あれ??ユノさん、あれ??どうした??
俯いちゃったり唇噛みしめたりして挨拶の言葉が出てこない。
ななななな泣いて、らっしゃる!!!???
本当に驚いてしまって思わず目を疑いました。
え、あのユノが?!なんで中日の今日に?!ええ?!
それでもなんとか「んんっ」と気合を入れなおすユノさん。

ユ「バンドの皆さん前にどうぞ!皆さん大きな拍手をお願いします。
まずはカッコイイダンスを見せてくれたダンサーさんにもう一度拍手をお願いします!」
チ「そして素敵な演奏をしてくれたバンドの皆さんにも、もう一度拍手をお願いします!」

ああやっぱり堪えちゃうのか、と思ったのもつかの間。
ついに喉が震えて喋れなくて、目もウルウルで。
隣のチャミさんも驚きつつ、見守っていました。
以下、言葉はJIJIPRESSさんの映像を参考にさせていただいています。

ユ「今日……(照れ笑い)なんか恥ずかしいな。俺と似合わないし…。
んんっ、今日本当に……(涙決壊)なんかね、本当に意味のあるステージだから、
今本当に、めっちゃ嬉しいです!!(←この辺の声がもう震えてて…)
今日…ここにいる皆さんと!一つになって!今日本当に気持ちよかった!
今日本当にありがとごじゃいましたあ!!」

このときのチャミさんがまた優しい顔していて、
ユノのありがとうございましたに続いて、チャミさんも
「ありがとうございました!」と言いつつ、手を繋ぎに行くのですよう。
ユノの手を握って、反対のダンサーさんの手を握るっていう順で。
基本的にMCの時やTV出演の時は弟の顔をしていて、
ユノもお兄ちゃんらしく、チャミさんに好き勝手させてるじゃん。
そういう兄弟というよりは、支えあってきた相棒みたいでした。

その後、サブステージで二人は四方に礼をして回るのですが、
その手前でユノからやっぱり言葉が出てこない。
なので、チャミさんがすごく嬉しそうに代わりに挨拶。
嬉しそうにって、いたずら心ではなくて。わかるよね?
チャミさんは、ユノが感動するほど泣いてくれて嬉しいんですよね。
でもそういう気持ちは恥ずかしいのでやっぱり茶化す弟様。

チ「僕も泣きたいですけど、涙が出てこないんですね~(笑)
……本当に今日、皆さんと一つになれた気がします。
だからユノも、泣いたんじゃないかって。ふふっ、珍しいですね。
皆さんの気持ちが二人に伝わってきたんじゃないかって、思います。
今日は本当にありがとうございました!!」

相変わらずユノの礼は深くて、長くて、美しかった。
人前で涙を流さないユノが、大好きな東方神起のステージで
大好きなファンの前で、大好きな相棒の隣で泣いてしまうなんて、
こんなに美しい人がこんなにも愛されている世界は正しいな、と。
そんなことを思いました。
いつもはこのクソみたいな世の中に泥まないようにしよう、とか、
汚い大人にはならないようにしよう、とかしか考えてないからさww

Somebody To Love
出だしのハモりを終えてメインステージに戻るユノさん。
そしたら今度はバンド陣に深く礼をしていました。
さて、さて、そして曲は盛り上がってまいります!
ユノは超超超全力疾走でメインステージの下手へ礼!上手へ礼!
本当に全力だった。泣いたことを振り切るような、そんな感じ。
そんなに嫌か、人前で泣くのが。そんなに恥ずかしいか。
(……段々Sの血が騒いできてしまいました)

そんな中、チャミさんの水かぶりタイム。
ま、当然ながら私は手前のチャミさんより奥のユノさん。
ユノは相変わらずテコンドー的な連続キック!
しかし、私の位置からはユノの背中しか見えない!
大画面にチャミさんが映るもんだから結局そっち見たら
水浸しのチャミさん、前髪を後ろにはらうと、
両人差し指を両目の下に持っていって、眉毛下げて
「ほら~僕も泣いてるよ~水でwww」みたいなアピールwww

アウトロの四股踏みはユノさんまーだ泣いてて(抱きしめたいっ)
ユ「…チャンミン(やって)」
チ「今日はユノが。泣いた記念に。泣きながら(やれば?)」
泣きながらやってくれましたww
しんみりした雰囲気を笑いに変えてくれたチャミさん。
そんな頼もしい相方に、またしても涙腺崩壊し始めるユノヒョン。
最後の挨拶が言えなくて、チャミさんにバトンタッチ。

チ「東方神起が今まで来られたのも、こうやって続けられるのも、
目の前にいる皆さんが、変わらず二人のことを応援してくれるからです。
本当にありがとうございます!
ユノはいつも泣かないのに…でも、それだけ嬉しかったんです。
これからももっと頑張っていきますので、
これからも二人のこと、応援してください!……それでは!」
ユ・チ「東方神起でした!」
チ「ありがとうございました!カムサハムニダ!
ビギスト、ありがとう!」
ユ「カシオペア~、カムサハムニダ!本当にありがとう!
みんな~ウィーアー?」
客「ティーーーーーー!!」
ユ「ありがとうございました!幸せでした」
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]