忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[111] [110] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [101] [99] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年03月17日(土)
東方神起「東方神起 LIVE TOUR 2012~TONE~」
inさいたまスーパーアリーナ

+ + + + + + + + + +
3/17公演のMC2とMC3がこの記事です。

■MC2

本編MC。順番はあいまい。覚えてるトコだけ。

ユ「改めまして、こんにちは!東方神起です。ユノでーす!!」
チ「チャンミンです!」

チ「ここ、さいたまは~前にも何回か、やりましたが
このツアーで一番お客さんがたくさん入る会場で、
前にも何回かやったけど、前よりも広く感じますね」

チ「MCは別にそんなに無くてもいいですね」
客「えー」
チ「(ニヤニヤしつつ)僕のMCで恒例の台詞がありますね。
『じゃ、そろそろ次の曲に行きたいと思います』」
客「えー」
チ「……そうやって皆さんが言っても、僕がこうやって言えば
次の曲に行くんですよ。皆さんがなんて言っても、正直関係無い!
僕の気分で、皆さんを無視しても、行こうと思えば行けるんです!」

チ「ここでライブの半分が終わったんですね。あと半分『も』ありますが…。
(客席は半分「しか」ないの?みたいな悲しいエーイング)
半分『しか』じゃないですよ~、半分、半分…半分、も…?」

(「しか」と「も」のニュアンスについて言おうとするも上手く説明できず)

ユ「約半分(って言いたいの)?」(←全く的外れな相槌で可愛かった)
チ「…いやそういうことじゃなくて(ユノの答えに苦笑)
もっと僕らのステージを見たい人はですね
家に帰ったらyoutubeで一人で好きなだけ楽しんで下さい!!」

結局座ってMC。

チ「じゃあ約三万人の皆さんも座って下さい。
……チケット代には椅子に座るお金も入ってるんですよ。」

ユノとチャンミンも舞台に座る。回り舞台が回転し始める。
けど、突然止まる。
チ「あいごーっ急に停まった!」(で、また動きだす)
ユ「チャンミン、ねえ、チャンミナ!」

(突然のチャンミナ呼びに客席「キャアアアアア」)

ユ「(客席の反応を受けて、低音で)チャンミヌアアっ」

(客席更に「ギャアアアアアアアア」)

チ「…関係無いことは言わないで(呼ばないで)くださいね」
ユ「あの、ちょっと前からね、言い始めたことなんですけど
本当にこれ僕たち回転してるからお寿司みたいで」
チ「あー回転寿司ですね」(←投げやり)
ユ「僕は~ウニみたい」
チ「…髪が似てますね」(←投げやり)
ユ「チャンミンは?」
チ「…なんでもいいですね」(←投げやり)
ユ「マグロじゃない?」
チ「どーでもいいですね、正直。くだらないです」

ユ「去年の一月から二人で再始動して忙しくしてましたが、
とにかくツアーがやりたくて、待っててくれた皆さんに感謝を伝えたくて、
ようやく今年1月の横浜から今日の埼玉まで、
しかも今日はこんなにたくさん。本当にうれしいです。後ろもみえてるー?」

後方の人達がペンラ振って、満足げなユノユノ。

ユ「チャンミンは今年何か、印象に残ってる活動ある?」
チ「今年ですか!?(再始動からじゃなくて?)去年のことでもいいですね?
やっぱり印象に残ってるのはコント番組ですね。素敵な女性が出てくる…」
ユ「『彼女は僕のものだ!』っていう台詞がありましたね」
チ「………正直、セリフまで覚えてねえっすよ。
……彼女が僕のタイプって言っても「えー」ってなるし
タイプじゃないです!ってはっきり言ってもおかしい人みたいじゃないですか。
だからなんていうか、まあ魅力的な女性ってことですよね」
ユ「そうですか。でも僕のタイプですよ(客席がブーイング)
あは、これはーセリフ(で言ってるだけ)だから~♪♪」

ユ「僕たちは出てないけど、他にも面白いコントありますね」
チ「……これ(片手で乳隠すポーズ)ですね。
テブラーシカ、僕はずっとなんでテブラーシカって名前なのか
わからなかったんですね。でもあの、わかって、
つまり手、ブラ、しか… ブハww手wwブラ…wwwww(笑い転げるチャミさん)」
ユ「(呆れ気味で)チャンミンそれ以上言っちゃダメ」

喪っぽいチャミさんをさらりと流すイケメンゆのひょん。
かと思えばチャミさん立ち上がり、ユノにマイクを渡す。
ユノがチャミさんの口にマイク当ててあげる。
チャミさんは空いた両手で手ブラポーズ。

チ「テブラーシカ!」(かわええええ)

続いてチャミさんもユノのマイク持ってあげる。
ユノさんも両手で手ブラポーズ。

ユ「皆さん、ユノのこと、好きデーシカ?」(かわえええええ)
チ「あのテブラーシカたちはいつかバナナを食べられるんでしょうか」
ユ「…大丈夫!食べられるよ!」
チ「ポジティブですね~」
ユ「ポジティブだよ!」
チ「でも食べたらそれは(コーナーが)終わるってことですよ」(酷い)

ユ「あと僕たちが好きなコントがありますね」
チ「ビバリとルイですね」

チャミさん、ユノの後ろに回り込んで抱き寄せる。
わああああユノさんの左耳にチャミさんの鼻先がうわあああ!!
(あるがはユノの左耳が大好物)

チ「邪魔者は…消えた!」

ゆのゆの、なんか目閉じて嬉しそうな顔して、もう!なんだもう!
客席が逆ver.をコールする間もなく今度はユノがチャミさんの後ろへ。
なんかもう初々しさは無くなってしまったんですね…

ユ「チャンミン!はっはっはっ!」(ギャグみたいな声でした)
ユ「邪魔者は消えた!(って言いながらチャミさんの身体むぎゅって挟む)」

ユノの右手と左乳(笑)に挟まれるチャミさんが心底羨ましかった!
しかもむぎゅってしてるときユノは「はっはっは」のまま口が開きっぱなし。

チ「……急にそういうこと(むぎゅってやるの)やめてください。
鳥肌が立ちます。やっぱり~あれは見てるから面白いんですね」
ユ「自分達でやるとだめだね。あの人たちはすごい。プロだ」
チ「……じゃあそろそろ本ステ(メインステージ)に戻りますか」

メインステージに移動。

チ「これまでは去年行った色んな国の話をしていましたがー、
ようやくこのアリーナツアーで東京に戻ってきたのでー、
今回のツアーを振り返ってみましょうか。横浜からスタートしましたね」

(「東京」と出る度に客席から「埼玉!」とツッコミが…)

ユ「次はー…名古屋!実は一番緊張しましたね。
横浜の初日ももちろんものすごく緊張したんだけど、
名古屋は初めての3DAYSだったから、3日連続で大丈夫かなって不安があって…
それで、あと、ひつまぶしですね。チャンミンが大好きでいっぱい食べましたね」
チ「いっぱいっていうか、色んなスタッフさんが気遣ってくれたんですよ。
なのに『さっき食べたのでいらねっす』とは言えないじゃないですかー」

チ「次はー福岡。ユノ、なんか印象に残ってることありますか?」
↑これはあくまで私の予想だけど、「誕生日エピソードを話せば?」っていう
チャミさんのフリだと思ったんだが…

ユ「福岡は~……鍋が美味しかったですね。モツ鍋!」
これ聞いた後チャミさんがちょっと残念そうな顔してたんだ…。
「あれー誕生日は?」みたいな。あくまで私の予想ですよ!!!

チ「新潟は本当にお米が、本っ当に美味しくて、ついビールを飲んでしまいましたね…」

ユ「北海道はやっぱりカニが美味しかった!」

チ「広島で食べたカキフライが美味しすぎて、またビールを飲んでしまった…」

チ「で、その次が~……えーと」
ユ「初めて行ったところですね」(客席から「福井~!」)
チ「福井!」
ユ「福井は初めての場所でもちろん嬉しかったけど、
あと(LIVEビューイングで)東北の皆さんとも繋がって、
すごく盛り上がってたって聞いて、本当によかったと思います」

ここのユノの表情がすごく優しくてじんわりきた…。

ユ「で、この前の大阪。大阪ももちろん色々美味しかったんだけど
なんか食べ物の話ばかりだね」
チ「仕方ないんですね。だってどこが盛り上がったとか比べるのもできないし、
そうすると食べ物の話するしかないんですよ!」

チ「さて、そしてここ、東京に戻ってきました。やっと東京に。東京の埼玉に…」

(客席からは何度も「東京じゃない」というツッコミが)

ユ「チャンミン、東京じゃない、埼玉だってみんな言ってるよ」
チ「……(ようやく気付いた様子)わっかってますよー!」
ユ「チャンミンはわざとです。みんなを試そうとして~」
チ「わかってます。埼玉は東京じゃねーです」
ユ「皆さん、チャンミンは皆さんが思ってるよりずーっと頭いいから!」

ユノが懸命にフォローする度にチャミさんがあわあわした顔してて
でも言うことは強気で、やーもうおかしかったwww

ユ「色んな会場でやってきたので、この広い会場でもやりたいことがあります。
ウィーアー?って言ったら皆「ティー!」って言ってジャンプしてね。
これ、この後の追加のLIVEでもやりたいから、いい映像残しましょう!
あれ、追加のことみんな知ってるんだよね?」

↑こんなようなことを早口で説明していたんだけど
途中から自分でも何言ってるんだか分からなくてあたふたユノさん

チ「僕ら外国人だから仕方ねーです。皆さん勘弁してくれますから、
ちゃんと、ゆ~っくり、落ち着いて、間違っても自信持って~」

と、チャミさんがすんげーしつこくフォローしてあげたら
ユノが「チャンミンちゃんと聞いて!」とプリプリしてて可愛かった。

気を取り直してWe are Tをやることに。
ユ「ウィーアー?」
客「ティー!!!!」
チ「…上の方の人、どうせ見えないからってジャンプしてないですね。
あと前から後ろにドミノみたいにティーティーティーって!バラッバラです。
ティーティーティーティーティーってwwww」(←自分で言ってウケてるww)
ユ「えー?でも僕こういうの好きだよ?」
チ「ティーティーティーってなってるんですよ?!ちゃんと合わせて下さい!」

ユ「ウィーアー?」
客「ティー!!!!」
ユ「おお~」
チ「さっきよりマシですね。さっきは下手だった!」

ユ「ウィーアー?」
客「ティー!!!!」(かなり揃った)
チ「やればやるほど合わせてきますね~。
それにしてもこうやって三万人もいる人を操るのは楽しいです」

……こんなもんだったかな。
思った以上に長くてびっくりしてしまいました。
チャミさんの客いじりと、それをあたたか~く見守るユノさん。
とっても和みました。

+++

■MC3

アンコール後のMC。Why?とRising Sunのあとですね。
Why?で本編終了だったんですけど、
私がいつも行くLIVEよりもだいぶ早くアンコール登場してくれたので
ぶっちゃけセットリスト拾うまではどこまでが本編で
どこからがアンコールなのかがわかりませんでした(笑)

ユ「改めて~(また改めるんかい)ユノでっ、ユノです!」

噛んだwww

ユ「へへっ息続かなかった~もっかいやります、東方神起のユノでええええす!!」

その上、仕切り直したwww

ユ「皆さーん、Rising Sun、どうでしたか!?」

(後々知りましたが、今日からRising Sunの衣装が変わったそうで)

ユ「僕たちの気持ち、伝わってますか!?」

チ「Why?とRising Sunで…(だいぶお疲れ気味)熱くなりましたね。
約三万人の皆さんの、気?っていうんですかね?
気がものすごく伝わって来て、とても熱いですが、
そんな気持ちを冷えさせられる曲(『STILL』)を歌います。」(客席「えー」)

ユ「2月14日はバレンタインデーで、3月14日はホワイトデーでした」
チ「ホワイトデー、キャンディーとか貰った人、手あげてくださーい」
(振られるペンライトを見て)……ああ。三万人、ここにいるんですけどね
正直…あの…失礼かもしれませんが…」
ユ「何?言ってみて?」
チ「こんっなに少ないなんてwww」
ユ「ちょwwwこれどーしよwww」

チ「ああ、そうだ大阪(14日)で
『今日はホワイトデーですね~!でも皆さんには関係ない日です~!』って
言ったら、あの、本気で気を悪くした方もいたみたいで、すみません。
あとでスタッフさんに『あんな風に言っちゃだめ』って怒られましたwww」

ユ「でも14日、僕たちからプレゼント、ありましたよね?」
客「フ~♪」
チ「フ~♪って、切ねぇ曲ですよ?別れの曲だから」
ユ「別れがあるってことは、新たな出会いもあるってことだから」
客「フ~♪」
チ「フ~♪がわざとらしいです。出会わない人もいるんですよ!」
ユ「大丈夫。きっといい人が現れます。いま、会いにいきます」
客「キャアアアア」(あるが「ユノ!早く来い!」)
チ「では、楽しくない日々を、寂しく過ごしている皆さんに~、慰めになるような曲をwww」

バラードをこんなドSに曲紹介する人初めて見ましたwww
PR
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]