忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014年8月30日(土)
東方神起「a-nation stadium fes. powered by inゼリー」
in味の素スタジアム

+ + + + + + + + + +


Oちゃんが当ててくれた、下手最前列で、7連番です。
楽しむしか!!!!!!!!!!

■SET LIST■
01.Spellbound
02.SCREAM
03.I love you
04.Good Days
05.Something
06.Why?[Keep Your Head Down]
07.Sweat
08.Summer Dream
09.OCEAN
10.Somebody to Love

髪型はユノが黒髪左分け、チャンミンは茶髪のさらさらヘルメット。
初っ端の衣装は白いスーツ風ノースリ。
インナーの黒い襟のあたりにきらきらストーンが施されていました。
ユノは赤が基調の石、チャンミンは青が基調の石で、
首元は細い黒いリボンで、可愛かったです。
腹のあたりが白い透け透けで、汗かいたら腹冷えそうだな。
お腹弱いユノさん大丈夫かな…とか要らぬ心配してしまった。

Spellbound
もちろんツアーでやってくれた日本語ver.です。
ユノはずっと韓国ドラマの撮影だったので歌詞心配でしたが大丈夫でした☆
ダンサーさん、50夫妻がいなかったですね。
ということでチャミさんのお相手のリナさんも変わっていました。
リナさんより数倍力強く踊る人でしたね~。
序盤、テーブルの上で踊るユノさん、エロいエロい。
太もも~ケツのあたり、いつもパツパツもいいところなのに
今日はかなり余っていてユノ本当に痩せたなあ~と。もっと太ってくれ。
ちなみにこの曲終わる頃にはチャンミン顔汗だく。。。
首元締まってるからなあ。でもせめてタオルくらい準備してあげて。

ちょっとMCというか挨拶というか。
いつもの「ようこそ」とか「熱いですね」とかです。

SCREAM
まずはACHIさんチェック。暗め金髪で右分けでしたね。
また次のツアーも、期待しています、ACHIさん。
導線はTREEで両端に分かれるのと同じ感じで下手~上手へ散ってくれました。
Spellboundで妖しい笑みを浮かべていたユノはどこへいったのか、
ひたすら強い眼差しでカメラ睨みつけてくれてかっこよかた…。
「孤独な夜が~」のところ、だんだん腕を下していくところも美しい動きでした。
いつもチャンミンが抜かれる終盤両腕前にだして首をゴッゴッてやるところで
珍しくユノが抜かれていたけど、こ、こえええええ…。
割と余分な動き無く踊る人だけど、激しくごきっごきって動いてました。

あいらぶゆー
バラード入れるならこれだろと思っていたので正解で嬉しい。
んーでもツアー中のほうが上手かったな(笑)
こちらは最後、サブステージで終わったんだけど、
「君に届け」は客席へ向かって、「イツマイラブソング」は
二人で向かい合ったのですが、顔がちけーよwwww
「イツマ~イラ~ブソーング」のあとアウトロまで
シムを慈しむ(ダジャレみたいになった)ユノヒョンの目線。
それに対してチャンミン目つぶってる→開けるとヒョンと目が合う→ふわって笑う、
この併せ技な。愛しい。

ぐっでい
意外選曲でした。
まーでも二人が好きそうな曲なので納得。

Something
楽しかったー!としか。
ここのユノは愛嬌たっぷりでいちいち可愛かったですなあ。

MCタイム。
ユ「改めまして~…と…(チャンミン見る)」
チ「(水飲んでる)っと、」
ユ・チ「「東方神起でっす…」」(尻すぼみ)
チ「話すのかと思ったから(東方神起ですって言うと思わなくて)びっくりした」
ユ「へへっすみません。鼻水出ちゃった…」←くそ可愛い

ユ「皆さん熱いから、僕も暑くなっちゃって、ジャケット脱ぎたいですね」
チ「裸になってもいいんじゃないですか」
ユ「いやあ…いやあ…(照れンホ)」
そういいながら上手方向へ行って…バンドメンバーの後ろを通って下手へ…
チ「本番前にこっち(下手からはける)って、言ったのに!」
ユ「これが~LIVEの魅力だ!」

出て来たら、し、し、白いタンクトップ!!
胸元は青っぽい謎柄のライン。
一緒に入ったSさん「乳首隠しや!!」
そうですね!!!
続いてチャンミンさんがお着替え~。
ユノは袖でしっかり着替えてきたのにチャンミンステージ上で脱ぐ。

客「ぎゃああああ」
ユ「(チャミのほう見てから客席へ向いて)ゆのにしゅちゅ(集中)して!」
客「ぎゃああああああああ」

チャンミンもユノと同じ服。

ユ「そういえばお知らせがあるんだよね?」
チ「そうです」
客「(新曲…?ビギ会員数?ざわざわ)」
ユ「なんで?」
チ「なんでじゃねーす。なんだ?」
ユ「なんでしたっけ?」
チ「(ユノに結構長めの耳打ち)」
客「ぎゃああああああ」
ユ「おう!そうだ!なんとー…東方神起の……全国五大ドームツアーが決定しました!」

私「うそおおおおおおおおおおおお」
マジで泣きました。
だってもう今年で兵役前にユノに会えるツアー最後だと思ってたから。
泣きすぎて叫びすぎて、二人が何喋ってるかしばらく聞き取れず。

チ「なんか、皆さん、もう来年は無いんじゃない?って思ってる人も多かったって聞きました」
ユ「僕ははまだまだです!!」

ふぁーそんなこと言わないで。さらに泣ける。

チ「去年もやって、二回目ですけど、五大ドーム全部覚えてます?」
ユ「もっちろんですよ~東京、大阪、札幌、名古屋、……名古屋…な、名古屋…」
客「え~~」
ユ「あ!福岡~!!!!」

あんた福岡のもつ鍋が日本料理で一番好きて言うてたやないですか…笑

チ「じゃ、この熱い勢いのまま次の曲へ行きたいと思います」
ユ「ここからは~もっともっと叫んだり盛り上がる曲なので、楽しんでください!」

Why?
ほんとこの曲のイントロが流れた瞬間の歓喜はすごいと思う。
いつの間にやら袖なしパーカー的なものを羽織っていた。
な!タンクトップのままで!ええやん!
あ、でもそれやるとど突き合いが放送事故になるか…
結局ど突き合いでチャンミンさんはまるでユノさんのお胸から逃げるかのように
指先だけでユノさん鎖骨から肩のあたりを押してました。
なぜ、指先だけなんだ。
TREEでは後半移動パートになってしまっていたのですが
今回は久々に二番も踊ってましたな。
「強く強く強く」のところでユノがスクリーンに抜かれたのですが
いきなり股間アップ!!!からちょっとずつ引き…。
「強く強く強く」の振り、思い出してください…
あの振りで股間アップですよわけわからん。ごちそうさまでした。

Sweat
きましたー!!始終色気振り撒いているユンホでした。
やーもう、下品ではないけど、えろいえろいえろい。

Summer Dream
OCEAN
トロッコが出てきたぞー!!!!
チャンミンが下手、ユノが上手から。
OCEANは、私の大好きなぷるぷるシーンの所がまさかの見えず。
ユノ「ウガウガチャカチャカ♪」
ユノさんスタンドばかり向いてカメラの方向いてくれなかった~。
CメロのところではRuiくんがユノの背中支えて反らせていました。
隣にRuiヲタがいたのでとっても楽しいOCEANでした。
最後のウガチャカ前のぷるぷるシーンは堪能。
はう、痩せたとはいえ、鍛えてはいないようで嬉しゅうございます。
で、最後のウガチャカは二人ともサブステに駆け寄ってきて、
カメラが二人一緒に捉えられるくらいお互いが近くに寄ってにっこにこ。
ユ「ウガ!チャカ!」
って言ってたらチャンミンがユノにマイク向けていました。
※ユノさんは自分のマイクを持っています。
なぜ、マイクを向ける必要が!!!!

Somebody to Love
Love Love Love Loveのあと、
ユ「東方神起は、みんなが大好き」
叫ばずに、囁くかのように言ってくれました。ひい。。
珍しくセルフ水浴びしているユノが新鮮でしたな。
しかし例の白いタンクトップがびちゃびちゃで肌色が透ける透ける。
あの乳首隠しさえなければなあ…(はい逮捕)
アウトロドラムロールでユノが両手広げてぐるぐるぐるぐスピンしていたら
横に居たチャンミンが「あっぶね」という声が聞こえてきそうなほどの
リアクションでユノを避けていました(笑)
その後チャンミン、ユノに水を振りかけていました。
……どうしたの今日。単独の時そんななかよししないくせに。
いや単独でも仲良しですけど今日は異常なくらいだった。

ユ「今日、東方神起だけではなくて、たくさんのアーティストの方が歌ったり、
かっこよく踊ったりしていましたが、なんでか知っていますか?
それは... みんなのことが、大好きだからですよ! 」
チ「はい。これ以上言うことは何もありません…気をつけて帰ってください。
それしか言えませんが……ずっとずっと、応援よろしくお願いします!」


終わり。
初a-nation、席のおかげ、同行者のおかげ、楽しめた理由はたくさんありますが
本当に最高の夏の終りでした。
次は冬に。ドームツアー。何本行けるかしら。。。
PR
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]