忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年5月2日(土)
DIR EN GREY「TOUR09 FEAST OF V SENSES」
in新木場STUDIO COAST

+ + + + + + + + + +
まったり出発でした。
乗り換え駅で使う新木場駅に初めて降りました。
今日はRさんにチケットを譲ってもらうというあれです。
ホントにありがとうございました!!ボトルホルダーも!

整理番号は1400番台。
前回は下手に行って散々だったので、今回はセンター寄りの上手。
2柵の6~7列目にいたけど、終わったときには2柵の3列目でした。
今日は時計していました。5分押しくらいで暗転!

セトリはこんなんでした。
初めてセトリ覚えられた!たぶん合ってる!
何故だか覚えやすかったです。

■SET LIST■
01.SA BIR
02.BUGABOO
03.冷血なりせば
04.GRIEF
05.蜷局
06.凌辱の雨
07.慟哭と去りぬ
08.DOZING GREEN
09.GLASS SKIN
10.INCONVENIENT IDEAL
11.VINUSHKA
12.RED SOIL
13.STUCK MAN
14.LIE BURIED WITH A VENGEANCE
15.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
16.凱歌、沈黙が眠る頃

■EN■
01.OBSCURE
02.HYDRA-666-
03.REPETITION OF HATRED
04.羅刹国
05.THE IIID EMPIRE


裸眼だったので、服装なんてまるで見えませんでした。
Dieさんは黒いTシャツだったような。
Toshiyaさん、薫さんにいたっては1秒たりとも姿が見えませんでした;

BUGABOO始まり。
この時は割とセンターにいたんですけど、すげー押しで
島流しにあいました。ここはどこだ。前の人の背中しか見えん。

冷血。
気付けば前後左右にメンズばかり。
モッシュらしきノリのメンズが左に。わーーーーやめてー。
やるならもっと後ろの空いてるトコで…!危険行為禁止!!
危険を察知したわたしと他数名の人はモッシュの合間に更に上手へ逃。

GRIEFでようやく自分が上手にいることに気付きました。
なんだよもうDieさんと、Shinyaさんの左手しか見えないよ…。
相変わらず押しが凄い。でもこのくらいあったほうが好きなのも事実。
この曲はやっぱり楽しい。しかし押しのあまりに手拍子困難だった;

蜷局。
イントロの薫さんに当たる光は見えるけど、薫さんは見えない。
お立ち台に乗った京さんは見えました。
あれ、まだ脱いでない!(そこか)今日は唄いにくそうでしたが、
サビ前の「あーあぁあぁあーぁああー」は、よかった。
DVDで確認したとおり、そこは唄いやすいような体勢しているのです。
マイク持ってない腕を横に広げることで横隔膜が広がって
声の伸びがよくなるのですよ~。

凌辱イントロがきた瞬間、
キターーーーーーーーーーーーーーー!!とニマニマするわたくし。
Rさんから「凌辱はShinyaポイント!」と教わってから、
ようやく見ることが!!しかし前はメンズ。視界が悪い!ちくしょー!
と思ったら、前方のメンズのパーマ髪の隙間からドラムセットが!
素晴らしいー!!この曲はひたすらShinyaさんを見てました。
あー最後やべー。眩しい…すげーカッコイイ。

慟哭
ようやくノリがわかってきたような。
でもまだだめだ。つーか相変わらず揃わない楽器と生楽器。
この曲に限らず今日はズレズレだった気がしますぞ。

DOZING GREEN。
「チュヤチュヤチュヤー!!」って叫ぶ人の声が始まる前に聞こえて
何事かと思ってよくよく聞いてたら「ShinyaShinyaShinya!」でした。
思うんだけど、メンバー名まともに叫ばれてるのはDieさんだけだよな。
あとの人は全部濁点とかがついておかしくなる。ぎょー!とか(笑)
…まあこんな話はどうでもよくて。
後方でカラオケが聞こえる…や、やめてくれ…と思いながら
京さんの声に集中しておりました。
DOZING GREEN、まともに聴ける日があまり無いような…

GLASS~は歌詩が変わってました。
中盤で「繰り返されるこの傷口が~」と聞こえました。あとは忘れた。
裸眼のおかげで髪の毛ファサ~なDieさんは全部が後頭部に見えて、
いったいどこに顔があるのかまるで見えませんでした。

INCONVENIENT~
これも結構好きな曲かもしれない。
「争い得たものそれは自由なのか?」って歌詩が凄い好きだ。
あと真っ赤な照明、あれカッコイイ。命の色だ!
途中で「この声を全てに捧げる」とか言っていた気がしますが
そんな安売りはしなくていいかなと思いました。
「ヴォエー」でToshiyaさんいるな、と。やっと存在確認。

VINUSHKAは中盤にきた!
これだったかな。なんかギター音が消えたような…。
そして「立役者に捧げる」がやけに早すぎた気がします(笑)
「金剛に輝く月~」の声が聞こえんかった。
ちょっとこれは不完全なVINUSHKAでした。
慣れてきて中盤に持ってきたんだろうけど…うーん;
慣れより緊張感があったほうがいいような。

そういえば今日のお経はふぁ~んぁ~あぁぁぁあ!とかだけで
科白的なものはありませんでした。

LIE~は今回はイントロだけで「何もかも投げ捨てる唄だ!」って
わかりました。これ何の曲かわかれば凄く楽しいんですな~
周囲の人凄い飛んでて楽しかった!

凱歌のイントロはDieさん見たかったのに
あーもう!!全然見えん。マイクスタンドの先しか見えん!

とか思ってたらあっという間に終わってしまいました。
何かが足りない…あ、HYDRAやってない!
今日はホント、周囲の人みんなノリノリで楽しいっす!
カラオケとか私語とかはまあしょうがないのであれとするけど、
ぎゅうぎゅうの前方でモッシュはどうなんだろうなー。
そのメンズたちは気付けばどこにも見当たりませんでした。

アンコールのときも周囲はほぼメンズだったんですけど
すげー声出してる。この前のノ限はなんだったんだ…
わたしも負けじと大声でアンコールしとりました。

んで、アンコ。
とにかくHYDRAを待つわたくし。
OBSCUREは隣の女の子がすげーいいヘドバンでした。
これだよこれー。理想はこれ!直立で激しくて綺麗なんですわ。
後ろのメンズは「FUCK OFF FUCK OFF!!」と叫んでました。
ん、その曲はGRIEFじゃねぇか? 楽しきゃいいんだけど!

HYDRAきたー!!!
そういや京さんは例の爛れたお面をつけていたらしいです。
先導者のような京さん見たかったんですけど、
暴れてたら何も見えませんでした。まあ楽しいからいいんだが。


「うしろー!いけんのかー!うしろー!!うしろー!!!」
「そこぉ!!いけんのー!!!?」と京さんが言う割に
周りの人が静かになったので。どうした?と思って京さんの様子を
伺ったら下手~上手に順番に指差してたー!
というわけで上手に向かって「そこぉ!!」と来たら
わたし含めみんな「ヴォー!!!!!」。あっは!楽しいぞ。

「全員で行くぞー!!!!………てっぺんまで!!!!!」

てっぺんきたー!!!!!
「噛み付いて来い」(今日1回言ってましたが)の次は「てっぺん」です。

すると望んでいた羅刹国さんが来(きた)る。
わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
MACABREの曲が残ってるって嬉しいことだと思います。
今日一番のはしゃぎっぷりをみせるわたくしでございました。
終わったあとRさんに言ったんだけど「邪鬼!」って言えん。
「き」っていえない。頑張っても「じゃし!!」でした。
Dieさんの額が見えました。相変わらずいい角度でした。

京「ラストー!!!!」
客「ぅおおおおおお!!!」
のやりとりが早くなるにつれて、どうすればいいのか解らなくなります。
あとなんかどこのギャルちゃん?!みたいな
「ラースートっ☆」ってのがあって思わず耳を疑いました。
すみません、か、かわいい…です…。

EMPIRE、「そぉい!そぉい!」(違)の連発は 京さんと勝負しています。
飛びながら叫ぶのは疲れるけど、そこは腹式呼吸の人なので大丈夫。
爆裂都市の手前で天井にペットボトルが見えました。
ああ…あれDieさんが放り投げてるよ…届かんけど…

最後のShinyaさんのドラミングの最中、
腕と背中がエビ状態の京さんが綺麗でした。筋肉…v
それが今日のメンバーをみた最後でした。
スティックを投げるShinyaさんが見えたような気もしましたが
たぶん気のせいです(笑)

視界は悪かったけど、ノリが激しくてものすごく満足です。
やっぱり周囲にいる人によるんだよな…
いつか2Fからグチャグチャの1Fを見てみたいなーとも思いました。
PR
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]