忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[1] [207] [206] [204] [203] [202] [201]
まさかジャニーズのアイドルについてブログに書き綴る日が来るとは思いませんでした。
1998年からモーニング娘。を(ブランク挟みつつ)応援してきて
2008年からハロー!プロジェクトのDDとなって、
2003年から今に至るまでDIR EN GREYというバンドが本命の、私が、ジャニーズて。

モーニング娘。のキモヲタ的部分は【道重さゆみ卒業によせて】あたりを読んで頂くとして、
なんで今頃関ジャニ∞さんに転がり落ちてしまったのか、そして実際生で見ての感想、を、書いていきます。

+ + + + + + + + + +

最初に。
これを書いているのは「バンギャな上に、パフォーマンススキル重視の女ドルヲタ」です。
そんな私から見た関ジャニ∞さんだということを頭の片隅に置いておいてください。


◆1.興味のきっかけ

忘れもしない2016年12月10日です。
『関ジャニ'sエイターテイメント』ツアー初日の札幌ドームの日です。
双方のファンのやりとりから、娘。ヲタが関ジャニ∞さんの札幌ドームにお邪魔した話はもうおなじみの話かと。
おそらく色んな方が書いていることだと思うけど、娘。ヲタが関ジャニ∞に好意的だったのはいくつか理由がありました。

・関ジャムでゲストとして共演している
・札幌はメンバー佐藤の凱旋地であり、関ジャムで佐藤が絡んだやしゅだしゃんがいるグループである
・常日頃お世話になっているマツコの(月曜深夜の)相方がいるグループである

↑これが大半だと思うけど、
そもそもなが~くモーニングのヲタやってるような人というのは

・色々なジャンルの音楽を聴いている
・パフォーマンススキルを重視する傾向がある

こんなおっさんが多いのですよ。
「アイドルが好き!可愛い女の子が好き!だからモーニング娘。が好き!」というヲタは正直少なくて、
「色々聞いた結果、音楽へのこだわり方からハロプロが好き!」というヲタが、濃いハロヲタに多いと思う。
この点については後述します。

で、個人的に一番大きかったというか、ざわついたなーと思ったのが

・マツコの相方(村上くん)がラジオでこの札幌の件に触れた

ここです!
モーニング娘。っていうのは本当に頭の固い会社のアイドルで、
色々…本当に色々あって、今の「良い子ちゃんだらけ」のグループになりました。
未成年の多い良い子ちゃんグループですから、あれはダメこれもダメと成約が多くてとにかく柔軟さに欠ける。
そんな面倒なグループにわざわざ生放送で言及してくれたジャニーズが、村上信五くんだったわけです。


◆2.興味の後

ありがたいことにエイターが周囲にいることは前々から分かっていました。
そのエイターの友人もありがたいことにハロプロに好意的だったので、
こちらはハロプロを薦め、あちらは関ジャニ∞さんを薦める上映会を決行(笑)

最初に見せられたのは『CANDY MY LOVE』でした。
「女の子のアイドルが好きならこれかなと…」みたいな理由で見せられました。
正直、私は本当に「女の子のアイドル」が好きだから、どれも「女装した男」にしか見えませんでしたよ!!
でも、でも、曲が、よかった!!
わかりやすい歌謡曲!しかも!ボーカルがめちゃくちゃ好みの歌い方!!
恥ずかしながらここでようやく渋谷すばるくんの存在を認識しました。
こんな抜群に歌の上手い人がいたのですねっていう、ショックは結構でかかった。

その後もあれこれ見せてもらって、あるいはCDを借りて、
メンバーの顔と名前をしっかり憶えるのには3ヶ月弱かかりました…。
ハロプロの子はすぐ憶えられるのに、性別が男ってだけでこうも難しいか、と(笑)


◆3.ハロヲタ的、歌唱スキル分析

目はポンコツですが聴覚は少しはまともに発達していたようで、7人の歌声の聞き分けはすぐにできました。
そこで思ったのが
「悪声がいないから全員声が明るい!」ということです。
悪声っていうのはハロプロで言うと℃-uteの矢島、モーニング娘。の吉澤、とか
私的には「可愛くもかっこよくもない歌声」のことを勝手にこう呼んでおります。
(こんなこと言ってる割に私は℃-uteは矢島舞美ちゃん推しです…)

(好みはどうであれ)生まれ持った声質を重視するハロヲタは、たぶん少なくないと思います。
渋谷くんはピッチの取り方、リズムの取り方、曲中のブレス等、全部完璧!
やしゅだしゃんの抜群のリズム感(しかもリズムの取り方がハロプロ的)
大倉くんの歌い方は百点満点のアイドル
村上くんと錦戸くんは小細工なしのドストレート
横山くんと丸山くんの鼻腔共鳴っぷり
こんな感じで、もう、あの、声質については褒めるところしかないです。

(後々関ジャムで蔦谷さんが「関ジャニ∞は混ざりが良くて立ちが良い歌声」と評していましたが「私が思ったのもそれ!」と嬉しくなりました笑)


そして◆1.で後述すると書いた点について。

私なんかはまだまだ少ない方だと思うけどDIR EN GREYみたいなロックも聴くし、
更にはクラシックだのトランスだのヒップホップだのも手を出しています。
とりあえず新しい方から(なぐりガキ等のジャム収録シングル、元気が出る~、関ジャニズム、JUKEBOX)CDを借りて
好みでばっさり切り捨てたものもあるけど、思った以上に好きな曲が多かった!
そしてとにかく関ジャニ∞さんが歌う曲のふり幅に驚きました。
そもそも今まで『ズッコケ男道』しか知らなかったのにそこから『CANDY MY LOVE』だよ!?
最初からとんでもない衝撃でしたわ。
で、この声質のいい人たちが色んな雰囲気の曲を歌ってくれるって、これほど楽しいことは無いですよ!

更に。
ハロヲタっていうのは「赤羽橋ファンク」なんていう言葉が生まれるくらい、
アイドルのスカだのファンクだのにめっぽう弱いのです。
そんな中で、当時の関ジャニ∞さんの最新曲が『なぐりガキBEAT』ですよ。
……めっちゃファンク。ド性癖。

私はハロヲタである一方でDIR EN GREYのファンでして、
彼らの音楽については「最新が最強で最狂」だとずーっと思っています。
そんな考えが植えつけられているせいか
「最新曲である『なぐりガキBEAT』が一番好きだ!」と思えた時点で、すぐに「ちゃんとCDを買おう」と思いました。
で、2017年1月末、買いましたよ。
(※しかしこの時点で私はまだメンバーの顔と名前が一致していません)

声質の話はこの辺にしておきます。

ハロヲタ的に「パフォーマンススキルを重視」といっても、
歌が上手いとかダンスが上手いとか、そこももちろん大事だけど、
何よりも最優先しているものがあります。

それが!

リズム感!

です!

前述のとおり、やしゅだしゃんのリズムの取り方、最高なんです。本当に。
常に16ビートを感じるので気持ちがいいっす。
ただハロプロ的なリズムの取り方ということは、跳ねがちなので
テンポの遅い曲では大倉くんと丸山くんのほうが素晴らしいリズムを発揮してくれます。
そんな二人がバンドではリズム隊を担っていると分かったときは「完璧じゃねーか」と感心しました。
そして気になったのが村上くんのリズム感の良さです。これはまた後程。


◆4.割愛事項

バンギャだからバンドのことについてもあれこれ書きたいけど
まさかここまで書くのにこんなに長くなると思わなかったのでバンドのことは今回はやめておきます。
ただ、メトロックに直接参戦したわけではないけれど、毎週関ジャムを見るようになって
メトロックでああいう評価をされたことは何も驚きませんでした。
「でしょうね!」としか思わなかった。


◆5.初めまして

関ジャニ∞さんに興味を持って気付けば9カ月立ちました。
CDはPUZZULE~ジャムまで網羅しました。
DVDは友人の薦めてくれたものを拝見。(本編も楽しいけどMC集が…秀逸だった)

で、2017年8月13日、東京ドーム。
関ジャニ'sエイターテイメントジャム、行ってきました!!
メンバー同士の関係性とかそういうのは生粋のエイターさんに任せて、
最初に書いたとおり「バンギャな上に、パフォーマンススキル重視の女ドルヲタ」から見た感想です。

~バンドについて~
・ドームでのバンド音響が想像以上にクソすぎた…新木場COASTで聴きたい…
・丸山くんの楽器チェンジがガチバンドマン並の忙しさ。何機あるの…。
・上手にお散歩する余裕のあるやしゅだしゃんのギターに惚れる
・あんなにギターを低く構えるアイドルがいるのか、とやしゅだしゃんのギターに惚れる
(……でもこのあと踊るんなら膝と腰、ご自愛ください)
・渋谷くんのボーカルを注視しながらアイコンタクト取るリズム隊(丸山くんと大倉くん)
・安定感が半端ない大倉くんのドラム
・村上くん、腰でリズム取りながらキーボード弾いてる!

~ダンス(というかリズムの取り方)について~
とにかく村上くんのリズム取りが気になる私。
踊り方、というかフォーメーション移動時の足元に注目するとだいたいリズム取りの癖が分かります。
やっぱり!!腰で!!リズム取ってる!!
色んなアイドルのリズムの取り方を見てるけど珍しいと思います。膝かつま先かかかとが多い。
ダンスする上でこのリズムの取り方の影響については明確には分かりませんが、
『今』で、他の皆が足でリズム取って、あのちょっと可愛らしい振付を男らしく踊るのに対して、
村上くんがふわっと舞うように踊るの、とっても好きです!!
振付的には村上くんの踊り方のほうが、個人的にはハマるなあ、と。

リズムについて気になる人がもう一人。
大倉くんです。
実際生でダンスを見たり歌を聞いたりして思ったことは「意図的にリズムを遅らせて取ってる?」と。
少しだけ、本当に少しだけ遅れてるんです。でも狂わないから、わざとかな、と。
ドラマーとして「曲のテンポが走らないように」っていうのが、ドラムを叩いてなくても無意識下にあるのかも。
わからんけどね。
DVDを見たときはそこまで意識してなかったけど大倉くんもダンスが上手いんすね。
村上くんと大倉くんは手足が長いから単純に見栄えがいいけど、
逆を言えば伸びた手足を身体の軸に寄せるときには動きが遅れやすい体型。
でもそれがないのは二人ともリズム感がいいからです!
大倉くんの足元を見ているとしょっちゅうかかとでリズムの裏を刻んでいました。
こういう癖を見つけるのが好きなんです(笑)

やしゅだしゃんは、言わずもがな完璧に16を刻んでいますからダンスも完璧でしたわ。
でもほんと……あまり無理な体勢でギター弾かないでくださいね……。



ひとまずこんなところで。
面白くて可愛くもある関ジャニ∞さんについて、ハロヲタ的にぐっと来たところをようやく吐き出せました。
もちろん全てのハロヲタ兼エイターさんが同じ意見ではないけれど
「こんな気色悪い見方をするヲタクがいるんだな」と思って読んで頂ければと。

で、願わくはただ一つですよ。
これを読んで「こんな文章を書いている奴が好むハロプロってどんななの」と興味を持ったエイターさんが居りましたら
ぜひぜひ、ハロプロの音楽を聴いて下さい。
つんく♂プロデュースの2014年までの曲の方がより一層リズムリズムしています。
私的には、関ジャニ∞さんに近しいのは「Berryz工房」だと確信しているのですが
如何せん活動していないもんで、ここはストレートに「モーニング娘。'17」を薦めておきます。
(しかし私の本命はJuice=Juiceの宮本佳林です、とも一応書いておきます笑)

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!!
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]