忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[132] [131] [130] [128] [129] [127] [126] [125] [124] [123] [122]
2012年12月4日(火)
DIR EN GREY「TOUR2012 IN SITU」
in新木場STUDIO COAST

+ + + + + + + + + +
前回ほどじゃないけど日が空いたのでまた薄いレポです。
いやでも今日は楽しかった!!

■SET LIST■
01.狂骨の鳴り
02.DIABOLOS
03.LOTUS
04.獣慾
05.暁
06.AMON
07.滴る朦朧
08.蜜と唾
09.THE BLOSSMING BEELZEBUB
10.凌辱の雨
11.「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
12.DIFFERENT SENSE
13.HYDRA-666-
14.GRIEF
15.冷血なりせば

■EN■
01.VANITAS
02.逆上堪能ケロイドミルク
03.激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
04.羅刹国


700番台。仕事のおかげで長時間立つ体力だけはあるので
よし、久々に新木場で前へ行こう!と思って、当然上手へ。
開演前の押しがなくて「おろ?」と思ってたら暗転後にどんぶらこ。
んーと6列目、くらいだったかな。
AXで私の隣で失神してるメンズが近くにいたww
怒涛のDieコール。ああ…ここは上手だ…と実感。
しかし天邪鬼発揮して「Shinyaー!!Shinyaー!!」とずっと叫んでいました。
すると右後ろの人がずっと「薫ー!!薫ー!!」と叫んでいてなんか親近感。

京さん→黒地に白の猫柄シャツ
薫さん→忘れた(というか見えたのたぶん3秒くらい)
Dieさん→いつもの黒フード。インナーは白タンク。エンジニアブーツ
(靴まで見えるのはやはりこのくらい前へいかないと無理ですね)
Toshiyaさん→横浜とは逆で、本編黒マント、アンコールが青マント
Shinyaさん→本編白シャツ。アンコールは物販改造タンク…かな?


DIABOLOS
おおおおおお。前にいると途端に激しい印象になりますね
「さあ……人間をやめろ!」の迫力も違った。
前回の横浜が二階席だったから、というのがでかいかもしれないけど
単純に、横浜より演奏も歌も安定していたように思えました。

LOTUS
シンフォニック。
友人Kさんが「LOTUS聴きたいのに私がいる日はやらない」と言っていて、
今回もその例にもれなかったわけです。(本日Kさん不参加)
そんなあれでシンフォニックイントロ鳴った瞬間、残念な気持ちに。
前回の横浜で音が抑えられていたベース音は、さすが新木場!
Dieさんも気持ちよさそうに弾いていました。
Dieさんが気持ちよさそうに弾く曲を好きになる。(RED SOILとか)

獣慾
「誰でも良い春よ~」のギターを久々に堪能。(いつも見えないから)
「Do You Love Me?」のあとのギターもかっこよすぎる。
そして一番好きな「悪阻に溶けた~」のとこの
Dieさんのギターがもう!最高に!かっこよかった!


かなり歌わせてくれた(マイクを向けられた)ような気がする。
いつもこんなもんだっけ。

AMON
シンフォニック。去年のツアーが嘘みたいな安定ぶり。
Shinyaさんのドラムの忙しさったらもう本当にすごい。
ずーっとShinyaさん見てて飽きない。

滴る朦朧
Dieファンゾーンにいたせいで周囲皆がDieさんの右手と同じタイミングでノる。
「緩やかに」~「不確かなワルツへ」あたりとか、その後とかもずっと同じノリ。
「Castle Of Mind」の前の掛け声とかピタリとあって気持ちよかった!

蜜と唾
この曲の凄味には毎回感心。

インワード。
……まるで見えませんでした。

BLOSSMING~
今日も自分撮りカメラ…ですが、見えない見えない…。
あと「ここは絶対に逃さず聴かねば!ってところが欲しくなってきた。
どこかあります?
「いつか羽が生える」からシャウトに入るまでのギターがカッコイイ。
よし、今度からそこを特に注視しようかと。
「手を後ろに~」は腕で羽表現。京さんの手のシルエット…美しい。

凌辱の雨
Shinyaさーーーーーーーーーーーーーーん。
イントロが鳴った瞬間「ぎゃああああ」とか言っておりました。
終わった直後真っ先に「Shinyaー!!」と叫んだ自信があります。
絶対私の周囲には、私はShinyaさんファンだと思われているだろう…。

インワード。
忘れたー。

DREAMBOX
映像が綺麗ですね。青と黄色の水たまりみたいな…。
「ゆらりと燃える」からのDieさんのノリ方がなんか可愛いです。
リズム刻みつつ髪の毛が邪魔で首を傾げるっていうしぐさで。

DIFFERENT~
かなり歌わせていた印象が強いです。

HYDRA
GRIEF
冷血
相変わらず何も覚えていない。
GRIEFあたりでToshiyaさんが上手に来たかな。


アンコール。
ここまでで頭にあったのはとにかく「完成度高い!!」です。
国際フォーラムを除けばここでいったんツアー終了だし、
とにかくまとまっていた!という印象です。

VANITAS
LIVEの熱量はここでもよくわかるんだけど、
今日はVANITAS終わったあと拍手じゃなかった。叫び叫び。
この綺麗な儚い曲すらとても力強く感じられました。

ケロイド
激しさと、~
かなり盛り上がっていました。つまり記憶なし。
「またケロイドか…」とか思ったり思わなかったり。
(案外ケロイド遭遇率が高い…)

「生きてますかー。」(抑揚なし)
「いけんのかー!!」
「二階ー!!!」
「うっしろー!!!」
「そこおおおおおおおお」(上手)
「そこおおおおおおおおおおお」(下手)
「……(京さん確信犯の笑み)…あああ~~~~~~~~」(センター)
「おとこーおっとこー」
「……お~んなのこちゃ~~~~~~~ん」

女の子ちゃん頂きました!!!まさかの!!!
これで聞き納めだろうとなんとなく思いました。
そして私はある思いを抱くのであった。
「明日は、あああ~~~~~~(センター)呼ばわりされたい!」

羅刹国
NEW ver.もだいぶ聞き慣れてきました。「邪鬼!」の回数的な意味で。

今回は周囲でダウンした人もいなくて、
集中して暴れられたというか、LIVEに入り込めた気がしました。
メンバーも、終わったあとの顔が横浜と全然違ったよ…。
京さん…ニコって…ニコって…!!!
Toshiyaさん、アイマスク取るだけでフォトジェニック!!
前回の横浜は、DIRにしてはダメすぎた。
新木場でリベンジ!と書きましたが、リベンジできました!
(そして翌々日、さらに深みにはまるという…)
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]