忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[93] [92] [91] [87] [86] [85] [84] [83] [81] [80] [79]
2011年11月11日(金)
DIR EN GREY
「TOUR2011 AGE QUOD AGIS "Ratio ducat, non fortuna"」
inTOKYO DOME CITY HALL

+ + + + + + + + + +
あんな高い限定盤買わせておいて
チケット代は通常通り出させるんですか!手数料高いし!
とか文句言ってて本気で申し訳なかったです!!
最高の夜でした!!DUM SUPIRO SPERO大好き!!
そんなわけで本日は第二バルコニーのドセンターでした。
正確にはドセンター番号より1つ下手側でしたが。
そんなわけでToshiyaさん京さんShinyaさんがよく見えました。

■SET LIST■
01.AMON
02.LOTUS
03.OBSCURE
04.流転の塔
05.暁
06.激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
07.滴る朦朧
08.THE BLOSSOMING BEELZEBUB
09.mazohyst of decadence
10.蜜と唾
11.「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
12.DIFFERENT SENSE
13.獣慾
14.DECAYED CROW

■EN■
01.HYDRA-666-
02.RED SOIL
03.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
04.冷血なりせば
05.残
06.羅刹国


曲数少ない?と思ったら狂骨の鳴りが無かったのでした。
その代わりというのも変な言い方ですが
色んな曲がシンフォニックver.になっていました。
AMONだけは限定盤に収録されていますが、他のほとんどの曲がシンフォニック。
しかしドセンターにいたにもかかわらず音が割れて聞こえたため
どれが通常でどれがシンフォニックかは明確には解らんです…。

京さんは最初赤い革ジャケット着てました。
Toshiyaさんと薫さんはやっぱり全身真っ黒でした。
Shinyaさんはアンコールで今回のTシャツタンクでした。
Dieさんはアンコールは白タンクでした。


AMON
シンフォニックの中メンバー登場。
おお、珍しく上手からの登場です!!

LOTUS
これもシンフォニックでとても幻想的でした。
京さんの喉は新木場からだいぶ回復していましたが全快には遠く。
それでもとにかく、とにかく壮絶で気づいたら泣いてしまった…。
Dieさんもだいぶ入り込んで激しかったです。
今年の初め頃はこの曲に思い入れは強くなかったのですが
今回のツアーを通して大好きになりました。

OBSCURE
これはシンフォニックじゃなかった…かな。わからん。
頭振ってて何がなんやら。Toshiyaさんは上手に出張。

流転の塔
これもシンフォニックだったような。
今までもやってたかどうかわからんけど
「リンゴ抱き締めながら」で京さんは左手で自分を抱き締めてた。
「まなこ合わせて」は下手~センターの間で指と目のジェスチャー。
やはり歌い難そうですなあ。はやく回復してくれますように。


「かーぜは!!」と言って、「い~つ語る」を歌わせる。
今日も愛し合えない双生児は下手とセンターでした。上手にプリーズ!

激しさと~
「もっと声聞かせてくれ!」
これもシンフォニックだったような。音がうるせー!
今日はサビ3回とも歌わせていたかな。

滴る朦朧
いつも忘れちゃうけど京さんが踊り狂うのはこれだ。
DOZING~とか蜷局とは違って、軽くポッピングダンスになってるw
今回は下手側見てたんだけど別段特筆することもなく…。

INWARDからのベルゼバブ。
INWARDまるで記憶がないぜ。
ベルゼバブもシンフォニックだった…かなあ。
前半ちょっと口の中引っ掻き回してたのはこれだったかな。
正確じゃないけど「手を後ろにまわし探る~誰も何も教えてはくれないの?」
あたりはドラム前あたりに下がってしまって歌ってませんでした。
「ソファの下~羽を探す」はお立ち台にマイク置いて
体うつぶせて今日も後ろ羽を探していました。

デカダン
歌詩がわからんから「どこでどうしてた」って覚え辛い。記憶なし。

蜜と唾
「ペドフィリア」って、コーラスあるんですね…?
新木場でも思ったんだけどここらの曲のどれか、
薫さん全然客席見てないんだけど…なぜ?(笑)
下手の袖見てたり後ろ向いてたりドラム向いてたりしています。

INWARD
この歌を可愛いこの子に…なんとかかんとかって言ってたような。
その後、お経が始まりました。このツアー、本当にお経っぽい。

DREAMBOX
これもシンフォニックだったような。
この曲も京さん結構踊り狂いますね~。
今日はお立ち台の後ろで背筋つかって起き上がっていました。
男性ってあの座り方(正座を横に崩したやつ)できないって聞いたんですけど
嘘ですよね。余裕で京さんやってますけど(笑)

DIFFERENT SENSE
このシンフォニックはかっこよかったです!!
というのも「掻きむしる胸~愛情似せた人の理想」で
京さんのボーカルとピアノだけになるんですね。
なんつーか、Toshiyaさんの言うわびさびってやつですかね!
そのバランスがすごくよかったです。
それにしても相変わらずShinyaさんは忙しそうでした。

獣慾
「愛してるー!!」って叫べるの、結構嬉しいです(笑)
(とかいって冷血で「好きだー!」って叫んでるわたしですけど)
「悪阻に溶けた~」は低いパートがデフォルトのようですね。
いつか高いパートver.も聴きたいです。あの歌メロが好きなんだ。

DECAYED CROW
煙がとても凄かったという記憶しかない。
あ、Dieさんは今日もヘドバンしてました。


アンコール。
時間が経つのがすごく早く感じました。
どうやらとても楽しいのかもしれません。ふふふ。

HYDRA-666-
はいきたー!!!!待ってたー!!!!
本日一番の大暴れ。
実は右隣の人がアンコール前に帰ってしまったのですが
「よかったらズレて使ってください」と言われたのですよ。
「え、一体何に使えとww」と思ったけど
まさかあの人はハイドラでわたしが暴れることを見越していたのか?(笑)
というわけで縦横に頭振ってみました。

RED SOIL
まさかの選曲きたー!!!!
相変わらずの反応速度を発揮するわたし(とアリーナ上手の皆さん)
「満開の桜!」久々に言いました。
この曲だったかあいまいだけど気付いたらToshiyaさんが上手にいて
Dieさんとせせせせ背中あわせ!!!!!
「なんてうらやましい!」とか思った瞬間、
DieさんがToshiyaさんの肩に頭よりかからせていました。この仲良しが!!

冷血
さすがに今週3回目なので新しい入り方にも慣れましたよ!
いつもイントロ終わると「ヘイヘイヘ~イ」という感じで
上手に参上するToshiyaさんですが今日はド下手に参上して煽っていました。
京さんは下手にいって投げキッス祭りでした。上手にもいつか来て…!

京さん「今日ちょっとだけ楽しいな。(客席大喜び)…ちょっとだけな!」と言って
指でも「ちょっと」ってやってて思わず嬉しくなるわたしでした。
そして更に追い討ちをかけるかのように「最高のもんにしよか!」

で、残ですよ。
あんなん言われたらハイドラREDSOILでくったくたのわたしも
限界を超えてみようと思って、はい、がんばった!死んだ!
てっきりこれラストだと思ってた!ラストじゃなかった!

「うしろー!いけるかー!いけるかー!いけるかー!」
「(上手、下手、センターの順で指差し)そこおお!いけるかー!」
「女ー!女ー!!ぅおんなああああ!頭飛ばして来い!」
「男ー!!男…お前ら……今日だけは、俺らのために死んでくれ!」
「もっと1つになれんのか!!!噛み付いてこい!!!」
とかもう、素敵な煽りだらけでした。

羅刹国
これももう頭飛ばしていたので記憶があいまいですが
Dieさんが下手に来てToshiyaさんと今度は向かい合って
なにやらニヤニヤニヤニヤ。この仲良しが!!(本日二回目)
Dieさんはコーラスを薫さんのマイクやToshiyaさんのマイクでやってました(笑)
薫さんは下手の二階のほうと自分の心臓トントンやってました。
あとヘドバン凄かった薫さん!さすが!


おわり。
ヘトヘトになってくれた京さんはドラム前にごろろ~ん。
そういや本編もヘトヘトで寝転んで最後にはけていましたな。
この前の新木場でもそうだったけど
薫さんとToshiyaさんは空けてない水ペットボトル投げてくれるのね。
いつから?知らなかった。めっちゃ親切じゃねーか。
Dieさんは上手ほったらかし(笑)で下手へ水やら何やら投げにいきました。
Shinyaさんは円を描くように水ピュ~っとやっていました。
今日は珍しくShinyaさんが一番にはけました。
やっぱり上手側にはけるから下手側の二人は結構残ってくれるのか?
それとも単にツアー最終日だったからか?
Dieさんは大きく振りかぶって二階席までタオルを投げてくれました。すげー!
Dieさんも薫さんも頭上で拍手してはけていきました。
ようやく立ち上がった京さんはお立ち台前で水吹いていました。
その後ろでお立ち台に立つことに迷っていたらしいToshiyaさんは
結局いつものベースの立ち位置あたりで拍手して去りました。
そして京さんは川崎とTDC限定の緑白タオルで体を拭いたかと思いきや
意味深にそのタオルを見つめ、バーン!と広げてDIR EN GREYアピール!
そのタオルもぽーん!争奪戦、恐ろしそうだな。
と行方を見守ろうとしたけど京さんがマイク持ったのでそっち向く。
「楽しかったわ」だったか「最高だったわ」だったか言って、
「また大阪城で!……バイバイ!」といって去っていきました。
超、笑顔だった!あんな笑ってる京さんたぶん初めて見た!!!!!

こんなに終わりが長いレポも初めてだな。
濃密度は新木場一日目が良かったんだけど、
時間を忘れるほど単純に入り込めたのが今日でした。
思うことは、本調子のときの流転の塔が早く聴きたいです!
PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]