忍者ブログ
Rot
DIR EN GREYと東方神起とハロー!プロジェクトの【文字量多め】ブログ
[44] [43] [42] [31] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年10月25日(月)
DIR EN GREY
「THE UNWAVERING FACT OF TOMORROW TOUR2010」
in新木場STUDIO COAST

+ + + + + + + + + +
絶賛鬱期間中で「あー今日のLIVEは楽しめるのかなー」
と、始まる前や入場後も思っていたのですが
……心配無用でした。
その上、元気付けるかのように待ち望んでいたあの曲が!
もう鬱脱出ですよ。はっ!単純ですわ~ホント!!

SA BIRの記憶が無いのですが。

■SET LIST■
01.SA BIR
02.OBSCURE
03.audience KILLER LOOP
04.Mr.NEWSMAN
05.GRIEF
06.AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
07.THE DEEPER VILENESS
08.ROTTING ROOT
09.凌辱の雨
10.愛しさは腐敗につき
11.dead tree
12.DOZING GREEN
13.蝕紅
14.冷血なりせば
15.VINUSHKA

■EN■
01.RED...[em]
02.業
03.STUCK MAN
04.C
05.残
06.激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇


本日は700番台。
RICKの手腕を新木場のいい音で堪能しよう!と思い
最初はセンター二柵目にいたんだけど
しばらくLIVE行けないんだよなあ…と思い一柵目に移動。
一柵最後方で見てたけど気付いたら移動していました(笑)
上手からの押しが凄かったのはモッシュなんですか?
区別つかないけど、所構わずモッシュってのはどうなんでしょう。

センターといえば男性多しなのでメンバー殆ど見えず。
今日のレポートは…短くなりそうです。
Dieさんの服装はたぶん品川と同じ。

OBSCURE
もちろん新しいバージョン。
やっぱり歌詩以外大きく変わってる気はしない。
歌詩は即興じゃなくて既に決まってるみたいですね。
品川と殆ど同じの気がしたので(なのに、覚えられない)

audience~
あ、品川でも思ったことを思い出しました。
「目の前は生きる意味が無い」じゃなくて
「目の前に深い意味は無い」になってますよね。
Dieさんとても激しい。

Mr.NEWSMAN
思ったより反応が薄いのはここがセンターだからか(笑)

GRIEF
マゴッツ
この辺で大移動して(させられて)いたために
あまり記憶無し。というかステージ全然見えぬ!
今回いまいちGRIEFに乗り切れておりません;

DEEPER~は結構人気なのかな?センター的に。
「I'll die~」のところは相変わらず歌いやすそうな京さん。

ラッティン
あう。またラッティンは一人盛り上がりみたいな感じに!
「Fuckin' tricky men」は言ってる人少なかったなあ。
自分が立ってる場所によって「あれ?」ってなることは
この曲以外にもよくあるので、おもしろい。

INWARD
えーとTHE PLEDGEの「明日に生かされても~」って歌詩の
「あっすーに!」のところをめっちゃ高くシャウト(して反響)した感じ。
ここらへんでようやくセンターに来た意味を思い出し(遅)
あまりステージ見ないで音のバランスに耳を集中させてみました。

凌辱の雨
京さんは「狂い嘆き~あ~あ~あ~」もかなり歌いやすそう。
右手マイクで、左手ずっと顔の横上がったり下がったり。
この曲だったか忘れてしまったけど終わったあとに
何か一言言っていたような。全然聞き取れなかったが。

愛しさは~
実はこれ、初めて曲。今ツアーでやっているみたいなので
今日やってくれたらいいなーと思っていました!
音量バランス、個人的には凄くよかったと思います。
序盤のベースとドラムキックのバランスがもう最高で!
ギター入ってからもToshiyaさんの這い回りベースが利いてた!
ベースにうっとりですなあ。
歌詩は音源通りだったかと。これ、歌の上手さが結構わかる曲。
最近の京さんの安定力は凄い。
全然関係ないけど、その序盤のベースとドラムのところで
Dieさんが顔にかかった髪をはらうために勢いよく顔を上へ向けていました。
(今なら手空いてるのだから手使ってはらえばいいのに笑)

dead tree
前回あまり見られなかったのでDieさんずっと見てましたが
もちろんあまり見えず(…)靡く髪の毛がせいぜい。
ベースが好きですなあ、この曲。でもベースも見えず。
京さんが膝立ちで歌ってたのはこれだったかな…。
あ、歌詩違いましたね。

INWARD
「グワゥッ」とか言ってた

DOZING~
Rさんいわく「またドングリでいきなり音がでかくなった」とのこと。
……全然わからなかった…。
久々にうねうね京さん見たような。ホイッスルの手前で。

蝕紅
Vo.ソロは随分テンポ早め。「ほーら!」で遅くなったけど。
「潜む」あたりでShinyaさんが背筋ぴーん!てなって
「鬼の」のでかっこよく入りました。
いつもあそこの入りはああやって神経集中してるんですかね。

冷血
「おい男ー!」とか言ってたかもしれないし
Toshiyaさんが目の前に来た気もする。要するに曖昧。
中盤では京さんが例の美しい後姿で煽ってました。
背中で煽るってすごいよね。

VINUSHKA
まさかの本編ラスト。何も見えなかったし
なんかつるっと終わった。
あ、あれだまた立役者に捧げるまでが猛スピードだった。


アンコールですよ!!
京さんとShinyaさんの間にいたはずなんですが
気付いたらDieさん寄りのDieさんとShinyaさんの前でした。
DieさんがTシャツAで、ToshiyaさんがBだった気がする。あとはわからん。


で、で、大事件です。
わたし、ずっと生で聴きたい曲がありまして
アンケートに散々書いていました。
誰宛てだったか忘れたけどファンレターにも書きました。

RED...[em]

きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

……なんて瞬発力はありませんでした。
イントロからDieさんギター入る直前までのわたしの心情↓
「あれなんだっけこれ。やたら耳に馴染んでる曲だが…なんだ?
VULAGARあたりの………RED...[em]だー!!」
となったところで、ギター入りました。
そこからはもう指先がおもろいくらいブルブルしてしまった。
すごい。こんな震えたの初めてかもしれない。

もーとにかく嬉かった!!!!!!!!
ただしギターの手元は見えないという!
ベースソロもベースの人まるで見えないという!
いいんだはりきってるDieさんの表情は見えた。
あーありがとうありがとうありがとう!!!


当然初めまして。音源も持ってない!歌詩もわからない!
でもノれました。

STUCK MAN
あっちゃこっちゃ移動して結局Dieさんの前あたりにいた自分

C
「dead freedom~」の合唱でDieさんが
指差したり両手でこいこいしたりと煽っていました。
Dieさん歌うかなーと思ったけど、見えた時は歌ってなかった。
が、「お前ー!!」と口が動いてた(アテにならない読唇)
薫さんが来たのはこれかねー?嬉しすー!!!
親指で心の臓をトントンしてくれました。かっこよい!
Toshiyaさんがお立ち台にいたな。目立つ目立つ。

「生きてるか!!」


記憶がまるでない。薫さんが来たのはこっちかも?わからん!

「男ー!男ー!!女ー!」
久々に「ラストー!」がいっぱいでした。

激しさと、~
歌前に「お前ら全員で飛ばしてこーい!」

終わったあと、ふと京さんが投げチューしてるように見えたんですけど
気のせいかね。手の平が離れてるとこしか見られなかったーよ。
頭上拍手も割と長くて(たぶん)嬉しかった~

水撒き。
Dieさんがギター抱えているうちに薫さんがやってきました。
でかい水滴がダイレクトにわたしの手の平にきましたふぉい!

Shinyaさんがやってきました。
あああ汗が滴り落ちてるよShinyaさん!美しいよ!
と、その横でToshiyaさんが盛大に水を撒き始めたので
Shinyaさんがほんの一瞬ちらっとToshiyaさんのほうを向いたけど
Toshiyaさんは上手の方見てるので視線は合いません。

Dieさんがやってきました。
すげー笑顔ですな。水ぶわーっと撒いて、どばーっとかける。
ピック取る。投げようとする。
が、客席はスティック投げ始めたShinyaさんに向き始めたので
間を置いてからピック撒き始めました(笑)
そのままセンター~下手へ行って、センターあたりまで戻って
手振ってはけていきました。


おわり。
今日はもうRED...[em]に尽きます。本当に嬉しい!!
品川より楽しめました。うん。次は…年明けに行くかもしれない。
PR
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Search
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Rot All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]